スポンサーリンク

【2021年タカラスタンダードキッチン】機能を比較、おすすめシリーズを紹介

キッチン
スポンサーリンク

タカラスタンダードといえば「ホーロー」を思い浮かべる人が多いかと思います。

当然キッチンにも様々な場所に「ホーロー」が使われております。

「ホーローはなんとなくお手入れしやすそう」というイメージはあるかと思いますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

また、タカラスタンダードキッチンはホーロー以外ではどんな魅力的なポイントがあるのでしょうか。

この記事では以下の内容がわかります。

・高品位ホーローの特徴、メリット

・タカラスタンダードキッチンの主な特徴

・タカラスタンダードキッチンのシリーズ

・タカラスタンダードキッチンを選ぶメリット・デメリット

・おすすめキッチンシリーズ、仕様

それでは順番に解説します。

スポンサーリンク

高品位ホーロー

「高品位ホーロー」は丈夫な鉄をベースにガラス質を焼き付けて生成される素材です。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/lemure/new/

高品位ホーローの特徴は以下になります。

・汚れに強い

・傷や衝撃に強い

・熱に強い

・マグネットがつくので、仕切りやタイマーなどを自由な場所に設置できる

・ペンで書いたり、メモを貼ったりすることで、伝言板代わりにもなる

■汚れに強い

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/lemure/new/


油、調味料、洗剤が付着しても水拭きで簡単に掃除ができます。

変色や変質の心配もありません。

■傷や衝撃に強い

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/lemure/new/


タカラスタンダードの営業さんはホーロー体感キットをいつも持っています。

鉄ブラシでゴシゴシこすっても傷がつかないので、強度は本物です。

■熱に強い

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/lemure/new/


火を近づけても変色や変形することはありません。

コンロまわりでも安心です。

■マグネットがつくので、仕切りやタイマーなどを自由な場所に設置できます。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/lemure/new/

仕切りの位置をいつでも自由に変えられるので、調理器具を変えたり収納方法を調整したいときにとても便利です。

コンロ横に調味料入れなどをくっつけられるのはとても魅力的です。

特に壁付きキッチンのようなクローズなタイプの場合ホーロー面が多くなりより使い勝手がよくなります。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/lemure/new/

↓ホーローと相性のよい山崎実業のマグネット商品についての記事も参考にしてください。

■ペンで書いたり、メモを貼ったりすることで、伝言板代わりにもなります。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/lemure/new/

お子様とのコミュニケーションが楽しくなりそうです。

スポンサーリンク

高品位ホーローが使われている場所

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

そんな素敵なホーローですが、キッチンのどこに使われているのでしょうか。

思っていた以上の様々な場所にホーローは使われておりました。

ホーローが使われている場所

・キッチンの扉などの面材
・コンロ前や横のキッチンパネル
・キャビネットの底板
・レンジフードの整流板、パネル、フィルター、オイル受け
・シンクキャビネットの上段トレイ
・シンクキャビネットの扉裏
・カトラリー収納
・ホーローハンドル引手

etc

■キッチンの扉などの面材

https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts04.htm

お手入れもしやすく水にも強くなります。

マグネットがつけられるので、タオル掛けなども好きな場所に設置できます。

2021年8月にマット調のホーロー面材も発売されました。

↓こちらの記事も参考にしてください。

■コンロ前や横のキッチンパネル

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

カラーバリエーションがとても豊富で木目調、大理石調等全23種類ラインナップがあります。

■キャビネットの底板

瓶からしょう油等が垂れてもお手入れが簡単です。

■レンジフードの整流板、パネル、フィルター、オイル受け

シロッコファンに油汚れが付く前に、約97%をホーローがガードします。

■キャビネット内部収納等

キャビネット内部の細かい収納にもホーローが使われております。

スポンサーリンク

タカラスタンダードキッチンの特徴、仕様

ホーロー以外のタカラスタンダードの魅力的な特徴は以下になります。

・食洗機の場所が選べる

・高級人造石クォーツストーン

・家事らくシンク

・選べるキッチン高さ

・ホーロークリーンレンジフード

・オイルスマッシャーレンジフード

順番に解説します。

食洗機の場所が選べる

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

一般的に食洗機はキッチンの中心あたりに設置されることが多いです。

タカラキッチンの場合はシンクの下にも食洗機を設置することができます。

調理スペースの引き出しの収納量を増やすことができ、シンクから食洗機へ食器を入れる際の水ダレを抑えることができます。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

シンク下に設置する場合は深型にならないので、少し食器を洗える量は減ります。
また、少し食洗機の位置が低くなるので、腰への負担が気になります。

収納量を確保したいけど食洗機も捨て難いという人にはかなりおすすめな特徴です。

高級人造石クォーツストーン

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

リクシルキッチンなどのセラミックとは違ったかっこよさがあり、高級感が演出できます。

人造石なので表面の穴やすき間が極めて少なく、汚れや水がほとんど染み込みません。

ホーローと同様に、ワイヤーブラシでゴシゴシこすっても傷がつきません。

クォーツストーンは6色ありますが、どれも高級感があり迷います。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

ホワイトクレイがマット調の新色です。

クォーツストーンはレミューでしか選択ができないので、人造石が気に入った場合はキッチンシリーズが決まります。

家事らくシンク

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

3層構造になっており、とてもお料理の効率がアップします。

オプションにはなりますが、専用のまな板、調理プレート、水切りがあると作業スペースが拡大して効率よく作業できます。

野菜などを洗う→切る→ごみポケットへ捨てるという一連の流れがとてもスムーズです。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

パナソニックキッチンの「PaPaPaシンク」と似ていますが、ごみポケットへ直接ごみを捨てやすいという点ではタカラスタンダードの「家事らくシンク」の方が使い勝手がよさそうに感じます。

↓Panasonicの「PaPaPaシンク」

https://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=PaPaPa

リクシルのハイブリッドクオーツシンクのようなブラック系のカラーバリエーションがないことは少しマイナスポイントです。

↓リクシルの「 ハイブリッドクオーツシンク 」

https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts04.htm

選べるキッチン高さ

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

キッチンの高さは一般的に 身長÷2+5cm が目安と言われます。

最適なキッチン高さを選択できれば、より快適にお料理ができます。

レミューの場合は4種類の高さから選ぶことができます。

トレーシア、エーデル、リフィットの場合は3種類の高さから選ぶことができます。

90cm88cm85cm82cm80cm
レミュー
トレーシア
エーデル
リフィット

ホーロークリーンレンジフード

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

レンジフードの整流板、パネル、フィルター、オイル受けにまでホーローが使われております。

シロッコファンに油汚れが付く前に、約97%をホーローがガードします。

シロッコファンまで3%しか油汚れが届かないというのは驚きですね。

整流板がマグネット固定式なので、簡単に開閉できるところもポイントが高いです。

オイルスマッシャーレンジフード

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

10年間、ファンのお掃除が不要なレンジフードです。

1分間に1500回転するディスクが煙に含まれる油をキャッチします。

仕組み的にはリクシルの「よごれんフード」と似ています。

↓リクシル「よごれんフード」

https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts08.htm

新商品のようですが、整流板などにはホーローを使用しておりません。

価格的にはホーロークリーンレンジフードが標準で、オイルスマッシャーレンジフードがオプションの位置づけになります。

どちらがおすすめかショールームにて聞いてみたいものです。

スポンサーリンク

タカラスタンダードキッチンのシリーズ

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

ここまでタカラスタンダードキッチンの主な特徴を見てきましたが、どのようなキッチンシリーズがあるのでしょうか。

代表的なシステムキッチンのシリーズは以下の4種類です。

■ホーローシステムキッチン

 ・レミュー

 ・トレーシア

 ・エーデル

■システムキッチン

 ・リフィット

それぞれ選択できる仕様が異なりますので、特徴を見ていきます。

レミュー

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

タカラスタンダードキッチンの最上位グレードシリーズです。

特徴は以下になります。

レミューの特徴

・高級人造石クォーツストーンワークトップが選択できる

・アクリル人造大理石(ハイグレード)ワークトップが選択できる

・すべての種類のシンクを選択できる

・キャビネットのオプションがすべて選択できる

・新色のマット調扉柄が選択できる

価格も当然最上位ですが、選択の幅が最も広いです。

特に「高級人造石クォーツストーンワークトップ」や「マット調扉柄」を選択したい場合はレミューの一択になります。

トレーシア

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

レミューよりは価格を抑えられ、レミューで搭載できる機能をオプションである程度選択できます。

機能は充実させたいけどなるべく価格は抑えたいという人におすすめです。

トレーシアの特徴

・シンクはすべての種類を選択できる

・キャビネットのオプションがある程度選択できる

エーデル

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

ホーローシステムキッチンの中では最もリーズナブルなシリーズです。

エーデルの特徴

・間口150cm~300cmまで対応

・シンプル、リーズナブルなホーローシステムキッチン

間口が150cm~300cmまで対応しているので、二世帯用のミニキッチンやマンションリフォーム等寸法の制約がある場合にも適応しやすいシリーズです。

リフィット

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

リフォームに対応しやすいシリーズ木製キッチンです。

リフィットの特徴

・1cm刻みで間口を調節できる

・ホーローシステムキッチンではない

・扉の面材がホーローではなく「高圧メラミン化粧板」や「オレフィンシート」

・カラーバリエーションは35色と選択肢が多い

タカラスタンダードキッチンを選ぶメリット

タカラスタンダードキッチンを選ぶメリットは以下になります。

・なんといってもホーロー(多くの場所で活躍します)

・高級人造石クォーツストーンがかっこいい※レミュー

・食洗機の位置を選べる

・家事らくシンク(3層のシンク)で効率アップ※レミュー、トレーシア

・キッチン高さのバリエーションが多い

タカラスタンダードキッチンを選ぶデメリット

敢えてデメリットをあげるとすると以下になります。

・マット調の扉カラーのバリエーションが少ない

・リクシルキッチンのようなブラック系カラーのシンクがない

・パナソニックキッチンのようなクッキンッグコンセントがない

ホーローを売りにしているので仕方がないですが、マット調の扉を選択できるのは最上位グレードのレミューのみで、5色となります。

おすすめキッチン、仕様

予算にもよりますが、個人的におすすめするキッチン、仕様は以下になります。

おすすめキッチン、仕様

・キッチンシリーズはレミュー

・高級人造石クォーツストーン

・家事らくシンク

・食洗機は標準の位置

・マットカラーの扉

・ホーロークリーンレンジフード

↓マット調の面材「白磁」、マット調の人造石クォーツカウンター「ホワイトクレイ」の組み合わせです。

栃木県那須塩原ショールームに展示があります。

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

まとめ

今回の記事をまとめると以下になります。

・ホーローのお手入れしやすさ、マグネットがつくなどの便利さは間違いない

・できれば高級人造石クォーツストーンがおすすめ

  ※その場合必然的にレミューになります。

・家事らくシンクもかなりおすすめ

・ホーローを扉に使うことのデメリットとして、マット調のカラーバリエーションが少し少ないことが数少ないデメリット

ホーローは聞けば聞くほど魅力を感じる素材です。

キッチンは長く使うものなので、お手入れ性や収納カスタマイズのしやすさについて考えつくされたホーローは一見の価値ありです。

扉カラーや高級人造石クォーツストーンの雰囲気については是非ショールームにてご体感くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました